中絶胎児によるDNA親子鑑定 中絶胎児によるDNA親子鑑定
O.G.M.S.トップページへ > 中絶胎児によるDNA親子鑑定

中絶胎児によるDNA親子鑑定

中絶手術後の胎児との親子関係を調べるDNA型鑑定です。
次世代シーケンシング(NGS)により、胎児のDNA、母親のDNA、父親の可能性がある男性のDNAを比較することで、親子関係を確認します。


どんな検体でも検査可能なの?

胎児組織のほんの一部があれば検査可能です。
正確に検査を行うためには、母体側組織と胎児組織を区別する必要があります。また、DNAの変性や分解を防ぐために、中絶手術後すぐに検体を提出していただく必要があります。
これらの理由から、事前に検査を申し込んでいただいた後、中絶手術は弊社指定の医療機関で行っていただきます。

母親のDNA、父親の可能性のある男性のDNAはどうやって採取するの?

口腔上皮(ほほの内側を検査キット付属の綿棒でこすって採取)を検体としてご提出していただきます。

鑑定の精度は?

親子関係の最低保証精度は、肯定は父権肯定確率99.99%以上、否定は父権肯定確率0%として判定します。

〔補足〕
理論上100%の鑑定は不可能であり、父権肯定確率99.9%の結果を否定する方法は事実上ありません。
ただし、父親と推測される男性が一卵性双生児の場合、一卵性双生児間では同じ遺伝子型として検出されるため、鑑定が困難な可能性があります。

鑑定の種類は?

鑑定には、「私的鑑定」と「法的鑑定」の2種類があります。
私的鑑定:結果の確認を目的として行われる鑑定です。公的機関などへの提出がない場合は、こちらで十分です。
法的鑑定:調停や裁判などで親子関係の証明として提出可能な鑑定です。
なお、鑑定結果の精度に違いはありません。




お問い合わせ │

O.G.M.S.日本語ヘルプデスク 東京・大阪 


O.G.M.S.へのTELはこちら

受付時間:平日9:00~17:00

TEL.06-6656-8104

O.G.M.S.へのメールはこちら

24時間受付

info@ogms.biz


[メールでのお問い合わせについて]
夜間、土日祝日、年末年始、夏期休暇にいただいたお問い合わせには、お返事が遅れる場合があります。
また、内容によっては回答にお時間をいただく場合がございます。

[ご注意]
「指定ドメインからのメール以外は受信しない」「パソコンからのメールを受信しない」 などの設定により受信ができない場合がございます。
以下のドメインからのメールの受信を許可する設定にご変更をお願いいたします。
ogms.biz